テニスレッスン

先週から、テニスレッスンに通い始めました。1年5か月ほど休んでいたので、ボールの当たる位置がイマイチよくわからず、当たりがあまりよくありません。

コーチには、やせたねと言われましたが、ただそれだけで、動きはあまりよくありません。当たり前のことながら、体は正直ですから、機敏に動いていれば、とっさの時にも

反応できるのですが、普段から動いていないと、ボールが来てもうまく当たらないのです。何事でもそうだと思いますが、周りをよく見ていないといけないですね。

それは仕事に対しても同じことが言えます。周りを見ながら、いろいろ考えることが大事ですね。

テニスでも、ここに打ったら、次はここに返ってくるという予測をもとに、返しているのですよね。

だいぶ前に、天才テニスプレーヤーといわれていたスイスのマルチナ・ヒンギス選手も、すべてのボールに対して、どういうプレーをするシナリオみたいなものが

自分の頭の中でできているということが、NHKの特集番組で放映されていて驚かされたことがあります。一流の選手は、それだけ頭を使ってプレーをしているのです。

ボールが来てから応対しているようでは、いいプレーができるわけはありませんね。私も、ほんのちょっとでも、予測しながらプレーしてみたいと思いました。