ガラケーからスマホに変えた夫

先日夫がやっとガラケーからスマホに変えました。
夫いわく働く大人の男がスマホをいじるのはみっともないそうで実用性のあるガラケーで十分だと言っていました。

それが10年近く使っていた携帯がとうとう壊れてしまったのです。
どうせまた絶対にガラケーだろうなと思っていたのですが、まさかのスマホで驚きました。
夫の話によると販売員にしつこく勧められて断りきれなかったそうです。

ブツブツ文句を言いながらも本屋さんで買ってきたスマホの活用本を嬉しそうに読んでいました。
そして色々なアプリに感動していました。
きっと以前からスマホに興味があったのだと思います。
言えずに意地を張っていただけなのです。

そして今では当たり前のラインにはまりました。
とにかく便利で助かるのだと言っています。
確かにスタンプ一つで会話が成り立つのでめんどくさがり屋の夫にはもってこいです。

スタンプに感動してか意味もないのに毎日ラインが送られてきます。
そのお陰で会話も増えました。
便利なアプリの情報をお互いに教えあって盛り上がっています。