エプロンのポケット位置にこだわり!

普段家に居るときはエプロンを愛用しているんです。割烹着みたいに袖付きだけど、もっと可愛い布で作ったマイエプロンです。このエプロンを作るにあたって、ポケットの位置にすごく悩みました。

イメージ的には、フトモモの上辺りに一つずつ深めのポケットがあると可愛いんですけど、そこだといざ着て物を入れると案外取り出しにくいんです。深さがあるのがかえって使いにくいと言う皮肉。

そう言うわけで、ポケットは胸とお腹の間くらいに落ち着きまして、この位置が非常に使いやすいんです。中身は落ちないし、取り出しやすいし。ついついお菓子とか小銭とかも一緒に入れちゃってて、子供にドラちゃんみたいなんて言われてますけど……体型の話じゃないと思いたい。

確かに身長は低いですけど私ドラちゃんみたいに丸っこくないですよ、たぶん!

ただこのまま太ってしまうと本当にドラちゃんになってしまうので、それだけは気をつけないといけないなと思っています。実際正月太りが若干解消できなくて困っていますからね。

その辺のことにつけこまれたのかもしれませんが。年齢とともに太りやすくなってしまったなと思います。代謝が悪くなってきているんでしょうね。そのへんから真面目に改善していこっと。

子供と一緒に家庭菜園で野菜を作る

以前はよくガーデニングや家庭菜園をしていました。庭に季節の花を植えてみると、色とりどりにきれいになって庭が華やかになります。また、ミニトマトやキュウリなどの簡単に作れる野菜を庭で作ると、必要な時に庭に取りに行けるし、料理の彩りにも使えてとても便利です。

子供が生まれてからは、なかなか庭いじりができなくなり、植物を植えてもすぐに枯らせてしまうことが多くなったので、ガーデニングはちょっと諦めています。

でも、夏の家庭菜園は今年からまたスタートしました。子供が庭になったミニトマトを取って、その場で食べています。「おいしいね」と笑顔になっている子供を見ると、とても嬉しくなります。

子供が野菜を好きになってくれるし、自分たちで育てたという意識もあって食べることの楽しみにつながると思います。今はまだ簡単なものしか作れないけれど、もう少し時間に余裕ができたら、今まで挑戦したことのないものも作ってみたいと思っています。

都会で暮らすようになってからこういったちょっとした自然との触れ合いを大切にするようになりました。自分も楽しめているのでちょうどいい趣味になっています。

ちょっとだけでも感性に訴えるものがあればいいのですが。しっかりとした目的を持ってやっていないのであまり意味がないのかもしれませんが、目的を持たずにいろんなことをさせるのもいいのかと思っています。