年に1度の旦那の飲み会が楽しみ

1週間後に旦那の会社で忘年会があるらしい。
私はお留守番の側だけれど、旦那がいなくなるのが楽しみで仕方ない。

この日だけは自分の好きなものを食べて飲んで、実家の母とガヤガヤ電話して過ごすんだ。
私には3歳の娘がいる。子供がいなかったら夜ご飯の代わりにお菓子を食べまくっていただろうけど、愛娘にはしっかりしたご飯を食べさせたい。
出前でお寿司でも頼もうか。うーん、考えるだけでも楽しみだ。

毎年会社の先輩がうちに泊まりにくるのだけれど、今年はどうするんだろう。
去年は赤ちゃんが産まれて間もないのに泊まりにきていた。正直驚いたけれど、実家のお母さんが手伝いに来てくれたらしい。それで納得。
近くに実家があるって素晴らしい。かなり羨ましいことだ。

私の実家は遠く離れたところ、帰るには船で半日かかる。旦那にムカついても帰りたくても帰れない。
ということで電話で母と年末の帰省も相談しなければ。

旦那が休日のときが1番忙しく、いないとこんなにも楽なのか…と思ってしまう私でした。シースリー 所沢

ギリギリセーフとか思ってるけど

私は朝起きてから二度寝をすることがほとんどです。旦那を仕事に送り出した後、布団に戻ってしまうことが原因だと思います。暖かい布団の中でケータイをいじいじしてると、ついつい睡魔に襲われて眠ってしまうわけです。
それから目がさめるのは決まってお昼頃。
私の中で12時より前に起きることができたらセーフだと思っています。13時なんかに起きた時には結構焦ります。
実際11時に起きたとしてもそれはギリギリセーフではないですし、もっと早く起きて行動すべきなのはわかっています。というかそもそも二度寝をしたとしてもアラームをセットして起きたらいいだけの話なんです。
でもアラームをセットせずにうとうとと眠りに落ちることに私は幸せを感じてしまっているので、こればかりはどうにもなりません。
しかも旦那が仕事から帰ってくるまでには全ての家事を終えているので旦那もこのことを知らないのです。
なので私のこのグータラ生活はもう少し続きそうな予感です。